うつはこころのかぜ?

風邪って気を付けていても、季節の変わり目やちょっとしたことでかかってしまいますよね。

うつもそれと同じなのではないかなって思います。

 

人生って長いから大切な人が亡くなってしまった時や恋人と別れたり、

思いがけない衝撃が降りかかることがある。

それを悲しい、辛い苦しいと思うことがごく当たり前のことなのではないかと思います。

 

だから辛く苦しい時は、自分でコントロールできないときは

躊躇いなくメンタルクリニック等で専門職に頼って欲しいのです。

 

自分ですらコントロールできないことを誰かに、ましてやうつでなんて・・・

と思われる方が多いのは事実です。

恥ずかしい、怖い、メンタルクリニックに通うことを誰かに見られたら・・・

分かります。

 

でも風邪だって早期であれば身体をあっためたり、

早めに葛根湯のんだり薬をのんだり養生することで、

症状が緩和したり早く治ることもありませんか?

風邪とあなどり対処しなければ、肺炎になったり。

長い間治療しなければならなかったり重症化する可能性をあげます。

 

だから、自分で抱えきれないと思った時は無理をせず専門家にたよる

それを多くの方に広く知って欲しいと思います。

サラリーマンの方が仕事帰りにメンタルクリニックにいくこともある時代なのですから。

 

 

・うつ病は伝染するか?

うつになった方の周りの方々が対応に困り、うつになるということはあります。

長年連れ添った夫を事故で心準備なく急に亡くし、ふさぎこんでうつを発症してしまった方がいました。

 

娘さまもお父様を亡くしたのですが葬儀やなにやらをバタバタとし、

気づいたときにはおかあさまがうつで日常の動作もおぼつかなく、

なにごとかあるとすぐ別居の娘さまを呼び出す。

ひたすらお母さまのお話をきいても限りなく、自宅にもどれっば家事に追われ、

仕事に出て、帰って寝ようと思えば電話がかかってくる、

寝ようとしたら電話がかかってくる。

 

気が休まることもなく、ふとすればお父様の突然の別れを思い出し、

誰にも頼れずいつのまにかうつになり仕事を休職し、

自分のこともお母さまのことも処理できなくなってどうにもならなくなるという方もいました。

 

起因はお父様の事故で、まずお母さまがうつを発症しました。

そして娘さまがおかあさまを支えようとし、またお父様の事故に関してうつを発症としたという場合ですね。

お母さまはメンタルクリニックにいこうとはなかなかせず、娘様もかかってはおられなかった。

 

もし専門機関に早めに相談し、早期から治療を開始していれば

苦しみは少しは薄かったかと悔やまれます。



うつ病チェックでうつを改善 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL