うつ病の種類

うつ病は、医学的には

気分障害」と呼ばれることもあります。

 

一般的なうつ病のことを正式には、「大うつ病」と言います。

大うつ病とは、強い抑うつ症状が続く型で、「抑うつ症状」だけが現われます。

 

大うつ病の「大」とは症状が重いという意味ではなく、

「うつ病の中でも主たるタイプ」という意味です。

 

この他にも、うつ病と診断される気分障害を紹介します。

 

 

「双極性障害」

双極性とは、強い抑うつ状態と、気分が高揚した、躁状態の

2つ(双極)の傾向を併せ持つという意味です。

 

抑うつ状態の時は、ほかのうつ病との区別はほとんどつきませんが、

これが、躁状態になると、よくしゃべったり、自信過剰、活動性が活発になるなど、

抑うつ状態とは正反対の状態になります。

 

双極性障害には、気持ちが極端に大きくなる躁状態がはっきりしている双極Ⅰ型と、

抑うつ状態ははっきりしているが、躁状態はほとんど目立たない双極Ⅱ型とがあります。

最近の傾向としては、この双極Ⅱ型が増えてきていると言われています。

 


「気分変調症」

別名:ディスチミア親和型うつ病。

ディスチミアとは、気分変調と訳される言葉で、

「絶えず圧迫され、苦悶している状態」という意味です。

 

抑うつ症状は比較的軽い(プチうつ)のですが、その状態が長く続くタイプです。

どちらかというと、若い人に多いと言われています。

軽い抑うつ症状があり、体の不調が続いてスッキリしない状態が2年以上続いていると

気分変調症と診断されます。

 

大うつ病に比べて抗うつ薬が効きにくく、薬物療法以外にも、

認知療法や、患者の周り環境を改善して症状を軽くすることなどで対応していきます。

 

 

「非定型うつ病」

「非定型」とは「典型的でない」という意味です。

「否定的な考えや、言動ばかりする」ということではありません。

 

うつ病といえば、普通まず不眠の症状が疑われます。

非定型うつ病には強い抑うつ症状こそありますが、

過眠」、「過食」、「よいことがあると気分がよくなる

など、独特の症状があるタイプです。

 

過眠の原因には背景に不眠が隠れている場合もあります。

一晩の睡眠の質が悪くなり、夜中に何度も目が覚めたりするため、

朝になってもなかなか起きられなくなるのです。

 

治り難いうつ病(難治性うつ病)の中には、非定型うつ病も多く、

最近、若い世代を中心に増えいる「新型うつ病」の一種だと考えられています。

 

 

「仮面うつ病」

「仮面」という名称のため、「嘘」のようなニュアンスがしてしまいますが、

実際はうつ病なのに、「腰が痛い」だとか、「胸が苦しい」といった身体症状が、

抑うつ症状などの精神症状より目立つ場合、

身体症状という仮面をかぶった、うつ病」という意味でこの言葉が使われます。

 

身体症状には、慢性的な疲労や、頭痛、胃痛、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、動悸、

高血圧、低血圧、ぜんそく、じんましん、便秘、下痢など何でも出ます。

 

頑固な身体症状に悩んで内科を受診したところ、「仮面うつ病」ではないかといわれて

抗うつ薬による治療を受け、身体症状が改善したといったケースが典型的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL