クーラー病と夏のうつ病

夏になると体がだるくなる、

頭痛がひどくなる、気分が落ち込む

といった症状が出る人がいます。

 

一見夏バテのように思えますが、

実はクーラー病や夏のうつ病かもしれません。

 

クーラー病というのは、冷房で体を冷やしすぎたために自律神経が乱れてしまい、

体に不調が起こる症状を言います。

自律神経は体の様々な機能を調節していて、

体温を一定に保ってくれるのも自律神経の働きです。

 

本来ならば、暑いときには汗を出し、体を冷やしてくれるのですが、

長時間冷房の中にいると汗をかくことがなく、体の熱が奪われてしまいます。

そうすると自律神経は体温が下がらないように汗をかかないようにしたり、

体を巡る血流の量を減らしたりしますが、その状態で、いきなり暑い戸外にでると、

一気に血流の量を増やし、汗を大量に出さなければなりません。

 

こういったことを繰り返すことで、自律神経が正常な働きをしなくなってしうため

体に様々な不調が起こってくるのです。

夏バテも夏の暑さによる自律神経の乱れから起こります。

冷房で体を冷やしすぎたり冷たいものを食べ過ぎたりしないように注意しましょう。

 

体の不調だけではなく、気分が落ち込む、何もやる気がしない、

イライラが続くなどの気分的な不調がある場合には、

季節性のうつ病が考えられます。

季節性のうつ病は冬ほどではないですが、夏に発症する人もいるようです。

アメリカの教授も夏の暑さは心身ともに強いストレスになり、

充分にうつ病の原因になるといっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL