新型うつ病

最近、若者を中心に

新型うつ病」という現代病が増えています。

 

患者が20~30代が中心の新しいタイプのうつ病です。

 

ちなみに、新型うつ病は正式な病名ではありません。

近年、これまでのうつ病患者のイメージに当てはまらないケースが増えてきたので、

便宜上『新型うつ病』と呼んでいるだけで、広い意味ではどちらも「うつ病」といえます。

 

新型うつ病のようなケースは昔からありましたが、これまでは別の病気として扱われていました。

例えば、「抑うつ神経症」だとか「非定型うつ病」などです。

それが、広い意味でうつ病と診断されるようになったのが、新型うつ病増加の背景なのです。

 

従来のうつ病は、40代頃のサラリーマンに多く、性格はマジメで几帳面な人がかかりやすく、

職場でも自宅でも気力を失うというのが、一般的な症状でした。

 

それに対し、新型うつ病は、『仕事のときだけうつ状態になる』のが大きな特徴で、

帰宅後や休日などは普段通り活動できます。

そのため、新型うつ病のことを別名、職場うつ逃避型うつと呼ぶこともあります。

 

こちらは、生真面目でも、几帳面でもないような、楽天的な性格の人がなることもあります。

 

例えば、うつ病で療養中でも、海外旅行に行く、趣味に没頭するなど、

自分が好きなことには活発に活動が行えるのです

 

大きく別けると、うつ状態がずっと続くのが従来型で、

状況を限定してうつ状態になるのが新型といえます。

 

ほかにも、従来型のうつ病は自責感や罪悪感が強く、自分を責めがちです。

これに対して新型うつ病は、

「うつになった原因を自分ではなく、会社や上司のせいにする」傾向があります。

 

新型うつ病は、傍から見ると、嫌なことから逃げているだけで、

まるで学校嫌いの小学生のように思われても仕方の無い所もあります。

でも、だからといって、ズル休みかというとそんなことはありません。

本当に会社ではうつ状態になってしまうのです

 

ですから、患者本人にも「ズルイこと」をしている意識はありません。

従来型のうつ病とは、同じうつ病でもその性質は大きく異なるということです。

 

新型うつ病の大きな特徴として、

一般的なうつ病に効果を発揮する抗うつ薬の効き目が悪いことが挙げられます。

また、薬や療養で症状が和らいだとしても、仕事に戻ると再びうつ症状が出ることが多いです。

カウンセリングなどを受け、根本的な原因を解決しないと、回復しにくいのが難しいところなのです。

 

新型うつ病の場合、会社を辞めたり長く休職すると、

「ストレス環境に戻りたくない」という思いが強くなり、社会復帰が難しくなる傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL