冬季うつ病

誰でも、冬になると起床時間が自然と遅くなったり、

食欲が増してくるものです。

 

このような人間が本来持っている季節性のリズムが、

極端な形で現れて生活に支障を来すのが、

冬季うつ病です。

 

正式には、「季節性感情障害」と呼ばれ、

1000人に一人の確率で発症すると言われています。

 

10月ごろにうつ症状が現れ始め、3月ごろになると回復するように、

症状に季節との明確な関連があるのが一番の特徴です。

 

元気な夏とは反対に、秋冬になると気分が滅入って、

仕事や遊びの意欲が無くなり、自信をなくしてしまいます。

 

冬季うつ病の主な症状は、落ち込みのほかに、極端な眠気、

だるさ、食欲の増加といった特徴があります。

 

抑うつ状態は重いですが、普通のうつ病とは違い、

食欲や睡眠は逆に増え、炭水化物が特に欲しくなり、

昼間もウトウトと眠くなり、春が待ち遠しくてたまらなくなります。

 

エアコンの使用が一般的になり夏に体が冷えてしまったり、

逆に冬はいつも暖かい室内で過ごしていたり、

また一日中、電気が付いていて明るい所で生活していたりと、

季節の変化に対応しにくくなった現代人。

 

冬季うつ病は自然な生活リズムを崩してしまった人がかかりやすい病気なのです。

 

冬季うつ病の人は、冬季に日照時間が短くなると、脳のメラトニン分泌量が減り、

体内時計が狂い、昼間も眠気に襲われるようになります。

また同時にセロトニンの分泌量も減って、うつ症状が生じると考えられています。

 

 

朝日を浴びる

冬季うつ病の人が、冬季に元気がなくなってしまうのは、

冬は日照時間が短く、覚醒ホルモンであるセロトニンが欠乏するからだと考えられています。

 

冬季うつ病の改善に必要なのは、自然の光により多く当たること。

晴天の朝日の照度は約1万ルクス

光療法と同じ程度の光を浴びることができます。

 

曇り空でもある程度の照度が得られますので、東向きの窓のカーテンを開けて眠ったり、

朝、出社までいつもより長く歩いてみるなど工夫しましょう。

 

とはいえ、冬は日が短くなるので、なかなかそうもいきません。

そこで、自宅や仕事場の照明を明るいものに取り替えるのも一案です。

 

電球を取り替えるほどではないなら、できるだけ自宅や仕事場に日光が入るよう、

日中は窓を開け、周りがより明るくなるように、照明のいくつかは少し長めにつけましょう。

 

症状にもよりますが、光療法で冬季うつ病を治療するという方法もあります。

毎日ライトボックスの前に座って、必要な光を浴びるというものです。

 

 

ビタミンB12を含む食品を多く摂る

光の感受性を高めることがわかっていて、冬季うつ病の治療にも用いられるのが、ビタミンB12

 

食品では、のり、かき、しじみなどの貝類、イクラやさんまなどの魚類、

牛・豚・鶏レバーなどに豊富に含まれています。

卵や牛乳にも含まれているので、毎日の食事でしっかりとるように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL