夏休み明けに発生する気持ちの病気「9月病」

あなたは9月病という病気を知っていますか?

私も個人的にはそうなっていたかもしれない心の病気です。

※基本的に夏休み明けが存在する人間にのみ発生すると思われ

 

“”永遠にも感じられた輝かしい夏休みが終わり、

新学期が始まることによって気分が落ち込む状態。残暑も厳しく、

身体的にもつらい。

少し日が短くなってきたことも悲しい心に追い討ちをかける。

何事にもやる気が出ず、だらだらとしてしまう。

もう少し涼しくなる10月になったら本気出す。 “”

引用元:はてなキーワード

 

というわけです。

つまり長すぎる夏休みが終了したことにより

「まだ休みたい~」

「もう夏休み明けか」

「宿題が終わってないよお~」

というマイナス思考が生まれ、最終的に「9月病」となるわけです。

私もそんな状態です(笑)

 

まだ10月9日ですので受験勉強もする気が起きませんし

授業中もかなり寝てしまってます(焦)

子供の間なら結構あるかもですね。

 

ではそうすればやる気が起きるか

 

まだはっきりとはわかりませんが、「気持ちを切り替える」ことが出来る人なら

9月病を乗り越えるのもあまり苦労することはないと思います。

もし「気持ちを切り替える」ことが難しい場合は…

ゆっくりといいですから気持ちが自然と切り替えるまで無理せずに体を鍛えながら

休めたりすれば自然と9月病は克服できてたりするものです。

すこしでも参考にできたら有難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL