治験によるうつ病の報告

うつ病は突然発症します。

突然といってもそこには様々なストレスの蓄積という経緯があります。

不安や苛立ちなど様々な原因によってストレスが溜まっていき、

許容範囲を上回ってしまった時に精神が不安状態となりうつ病として発症します。

 

これには症状が強い場合もあったら弱い場合もあります。

更に天候などの環境によっても症状は大きく変化します。

 

うつ病で多くみられるのは行動の抑制です。

何もやりたないといった行動面から、何も考えたくないなどといった思考面もこれに含まれます。

思考面にまで影響が出てきてしまうため、関わるときには十分注意する必要があります。

 

これらを踏まえて治療として重要なことは相手を理解するということです。

当然、薬による医学的な治療も大切なことですが、

それ以上にうつ病とはどういうものなのかを理解したうえで、

相手と接することが非常に重要です。

 

薬によって一時的に病気が良くなっても

その場しのぎの対処療法にしかすぎないです。

目には見えない病気だからこそ環境を整えることが重要となります。

 

理解するだけなら教科書などを用いたら誰にだってできます。

理解した上で関わることがうつ病を治すために必要なことです。

 

治験から昨日と今日で精神状態が大きく変わったり、

一日の中や雨の日には状態が悪化するといった報告があります。

昨日と今日で比較したりせず、今の状態はどうかということをみる必要があります。

決して治らないという病気ではないため、長く付き合って治療していくことで必ず良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL