発達障害とうつ病の関係性

私が「うつ病」と言えるような症状が出始めたのは、中学生の時でした。

もともと内向的な性格で、教室ではひとりおとなしく読書をしているようなタイプです。

友人に対してもどこか距離をおいて接してしまう、

会話をしていてもひとりだけフランクな言葉遣いや流行語を使わない。

他人の反応がとても気になり、少しでも機嫌を損ねてしまったのではないかと思うと不安で仕方なくなる。

よく言えば大人びていてしっかりしているけれど、

悪く言えばコミュニケーション能力に欠けている変わった子です。

 

人混みが苦手で、ショッピングモールが多少混みあっていただけでも気分が悪くなり、すぐ疲れてしまう。

たくさんの会話が飛び交う教室ももちろん苦手でした。

 

そんな他人を気にしすぎて常におどおどしている私を心配して母親がしてくれたことが、

「発達障害」があるかどうか病院で調べてもらうこと。

結果は、「広汎性発達障害」。

自分の気持ちを伝えることが苦手で、集団行動が出来ず、

ものごとに強いこだわりがあり、五感などが敏感なタイプです。

当てはまることが多すぎてびっくりしました。

 

他人の話はよく聞くけれど、自分の気持ちは口にしない。

なぜならそれで相手の不快感をかってしまったら怖いから。

 

集団行動はしたくない。

女の子はどうしてトイレに一緒に行くの?

どうしてみんな一緒に同じことをしなくちゃいけないの?

でも私はこうしたいんです、なんて言えない。

ひとりだけ別のことをしたら怒られるんじゃないか。

怒られるのはすごくいやだ。

 

特に私は、聴覚と味覚が非常に発達していることがわかりました。

そしてこの聴覚の敏感さが、女子校に進学してから、

休学するほどうつ病を悪化させる原因になったのです。

 

まず、授業中でも賑やかすぎる。

本人たちはこそこそ話しているつもりでも、私の耳には何を話しているか聞こえてしまいます。

いくつものテレビ番組をつけて、そのすべてが聞き取れて、

会話内容がすべて頭に入ってくるという状態を想像してみて下さい。

授業になんかとても集中できません。

 

やがて私はどんどんおかしくなっていきました。

日常のささいな物音でも気になって、誰かがペンケースを落としただけでもびくっと震えてしまう。

毎日のことを考えるて眠れなくなる。

あいかわらず人のたくさんいるところは苦手で、

人混みでもすれ違った人の会話が耳にどんどん入ってきて不安だから、外に出たくなくなる。

最終的には授業に出席することが怖くなり、休学しました。

 

今も発達障害と戦っています。もう10年近くになります。

精神科で毎月カウンセリングを受け、抗うつ剤と安定剤、

発達障害に対応した薬を飲みながら在宅で仕事をしています。

 

普通の職場では、やっぱり無理でした。

女の子同士の距離の近いコミュニケーションは私にとってとても難しいことです。

どうしても浮いてしまうからいじめられ、うつが悪化する悪循環です。

 

住むところも静かな住宅街にして、必要最低限、部屋から外出せずに仕事をしています。

発達障害に対する劇的な改善はまだありませんし、あるかもわかりません。

もし、うつ病を抱えている人で、人とのコミュニケーションが苦手で深く思い悩んでしまったり、

ものごとを行う時にはきちんと手順を決めることにこだわってしまったり、

私のように聴覚が敏感だったりしたら、発達障害を疑ってみてください。

大人の発達障害も、支援センターなどがあります。

 

調べてみて損はありませんし、もし発達障害だったら

それにあった薬を処方してもらって、ライフワークを工夫してうつの症状を和らげることができます。

まずはかかりつけの心療内科や精神科のお医者様に、

自分に発達障害の可能性はあるか聞いてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL