2度の鬱経験を経て・・・。

鬱回避は本人の努力も必要ですが、それ以上に巡り合わせが大部分を占めます。

 

初めて鬱診断が出たのは入社5年目のことでした。

原因は業務の多岐化及び責任に対するプレッシャーだったと思います。

 

私は技術者として新規製品開発部署に新入社員として配属されました。

ところがこの部署のメンバーが問題で、私を含め二人しかいませんでした。

しかももう一人はかなり高い地位の管理職の方で、

実質私一人での新製品開発業務となりました。

 

実質メンバーが新入社員一名のなか、

アイデア発案・図面作成・試作品試験・報告書作成・金銭管理・プレゼンテーションを行い、

精神が徐々に削られていく感覚を味わいました。

 

とどめとなったのが上司の

「私はあと数年で退職だ。この製品は今後君が最後まで責任をもつように。」

の一言でした。

 

新入社員が一人で考えた製品に自信など持てるはずもなく、

この発言の後、食欲不振・会社内での吐き気・憂鬱間・思考力の停止・涙が止まらない

などの症状が半年以上続き、

クリニックに診察に行ったところ鬱と診断、約半年の休職となりました。

 

 

2度目の鬱診断が出たのはその約2年後です。

今度の原因は上司からのパワハラです。

休職期間後、異動が決まり、今設計業務を中心とする部署への配属となりました。

ここでの仕事は課内必要書類処理、図面修正、図面作成、営業対応、客先対応がメインとなり、

仕事自体は多岐にわたりましたが、問題なく業務を行えていました。

 

上司も人事・産業医から私の経歴を聞かされており、

少なくとも産業医への通院期間中はおとなしかったと思います。

 

本性が出始めたのは約2年後です。

上司は強制的に産業医への通院を止めてから徐々に発言・行動を激化させていきました。

詳細を表記すると長くなるので概略のみを記しますが、

部下を1時間以上拘束しての説教・江戸時代の5人組を思わせるような連帯責任の強要・

指示内容変更によるミスを部下の責任にする、などです。

 

特に上司の指示通りに職務を行ったにもかかわらず、

指示内容を自分で反故し説教を行い、

さらにはそれを部署内全員の前で公表、

スタッフ全員に業務内容に関する勉強会を強要する流れを体験したときに限界をこえ、

結局2度目の診断書をもらうことになりました。

 

現在私は開発・設計業務を外され、工場現場へ異動となりました。

今の自分の立場、過去の上司の対応などを思い出すたびに涙が出るほど悔しく、

同時に無気力になっていきます。

新入社員として入社した時のやる気や会社への愛着など欠片も無くなりました。

 

鬱の発症原因は多岐にわたり、いつ発症するかはわかりません。

ただ一つ言えることは、一度鬱が発症すると、どこかにひずみが生まれるということです。

そのひずみが大きいか小さいかはわかりません。

また、そのひずみがどの程度今後の人生に影響するかは本人の感じ方もありますが、

それ以上にその時の「間」が良いか悪いかがあると私は考えています。

 

「間」が良ければもしかしたらより良い相談相手に恵まれ、

新しい人間関係や環境のもと再出発ができるかもしれません。

「間」が悪ければ私のようになることも大いにあり得ます。

人が個人としてできることはそれをどこまで許容できるか、だと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL