いじめからうつ病に、そこからの一歩

 

過去や現在、さまざまな対人関係によって、うつ病になってしまった方、沢山いらっしゃると思います。

私も、学校でのいじめ、職場での人間関係で、発症してしまった一人です。

 

世間では、よく逃げろと言われていますが、

当人にとっては閉鎖的な空間でどうしようもないと感じてしまうことがほとんどだと思います。

逃げられない、と思っている環境下での、いじめはとても、耐えがたいですし、

一日の多くの時間を過ごしているので、

どうしても、外のコミュニティとのつながりが薄い方だと、なかなか相談する人も見つからず、

つらい思いをされていることが多いと思います。

 

私も、家族にも相談できず一人で、抱え込んでいて、いざ社会にでても、うまく人間関係を築けず、

最近まであまりいい方向に向かっていませんでした。

学校を卒業したり、職場を離れてからも、悪夢で当時の光景を思い出したりすることが頻繁にあります。

そして、ネガティブな言葉をかけ続けられていたので、

自己肯定感もはっきり持つことができませんし、あまり人を信用するのも得意ではありません。

 

今でもなかなか克服ができないですし、いじめた本人たちの情報がSNS等で流れてきて、

楽しそうにしているのを見ると少し嫌な気分になることもあります。

 

親しい人に相談しても、忘れたら?と言われたり、

気持ちを強くもって!等なかなか簡単に実行できないアドバイスが多いので、難しいです。

 

そこで、数年前、時間に余裕があったので、プロのカウンセリングの方に相談することにして、

少しずつ前に進めるようになりました。

よく言われるような、一般的なアドバイスではなく、今までの体験をしっかり、聞いてくださり、

心理学や専門的な観点からのアドバイスだったり

今まで、ネガティブな言葉ばかり浴びてきたので、自分を素直に認め、

これから、どうしたいか?ということを自分で見出していけるようにトレーニングしていただいたりしました。

 

やはり、すぐは実行するのは難しかったのですが、

少しずつ意識して、やるようにしたら少しずつですが、

変化を感じることができるようになりました。

 

過去の、会社や学校でのいじめはとても辛く、まだ忘れることができない事ですが、

今ではその出来事を経験したから、できること、感じることができることも沢山あるんだなと、

カウンセリングを経て感じることができるようになりました。

 

私は、カウンセリングという手段をとって、今少しずつ改善できていることを実感できているのですが、

やはり人それぞれ、ベストな方法は違うと思います。

それぞれの解決の第一歩を踏み出すのはとても勇気や労力がいると思いますが、

踏み出すと少しずつ変われると思います。

 

とにかく、変わりたいと思ったら、一歩でもいいので踏み出してみるといいと思います。

その時に、専門家や、役所などにに問い合わせても、問い合わせのみの回答になることもあるので、

受けれる保証、保険、手続き、自分にあった解決方法などは

沢山調べて置いたほうが、スムーズだと思います。

 

私の体験談や、知人から聞いた内容ばかりになってしまいましたが。

少しでも、病気でつらい思いをされている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL