鬱病と共存していく。

鬱病は、鬱病になった人じゃないとわからない病気。

 

僕が鬱病を発症したのは三十代の前半のときである。

仕事が忙しすぎて着いていけなくなり、批判も集中砲火されて、メンタルがボロボロになった。

自分のこれまでの人生を振り返って、こんなにも全否定されるのは初めてのことだった。

 

鬱病の症状としては、なにをしても空しくなったり、

集中力が切れて、長時間の緊張状態が続かなくなったり、

性格が荒廃して、周りに当たり散らしたり、

自分の存在意義や、これからの人生にまったく希望が持てなくなったりする。

悩みが深くなり、本当に今までは元気に活動していたのに、

あれよあれよという間に鬱に引きずられていった、

死にたいというか、自分の存在自体を肯定することができなきなり、

引きこもりのようになった。

 

当時の記憶を思い出しても、家にいるだけで、社会的に孤立してしまい、

医者にも行ったが、中々自分に合った医者に出会うこともできず、

とにかく、気力、精神力、体力が軒並み下がった。

 

家族ともうまく病気についての理解が得られず喧嘩することも何度もあった。

もちろん家族は何が僕に起きたのか、分からないようだった。

最終的には、家の中で籠城しているような状態になってしまい、

もう社会復帰は無理だなと絶望感に襲われることも多くなった。

そしてとうとう入院することになった。

 

入院してよかったことは、昼夜逆転の生活リズムを治せたこと。

また、適切な薬を処方され、それを毎日リハビリをするようになったことである。

現代の精神医学は進んでいて、ようやくちゃんとした医者に合うことが出来た。

 

医者が処方する抗うつ剤はとてもよく効いて、健常者だったころに比べて70%くらい回復したなと思った。

ただ、今後の見通しがつかないことや、リハビリをかねて、退院してから1年間ほど、デイケアに通った。

基本的に朝起きて、夜眠り、デイケアに通うことによって、ぼやっとしていた精神を、治すことができた。

 

現在はA型作業所に毎日通所しながら、障害枠で事務の仕事を探している。

ただ、医者的見地からするとA型作業所もリハビリととらえているらしい。

とにかく抑うつ状態がひどいと、ごはんを食べるのがせいぜいで、一日中寝てることが多い。

何もできないし。どこからも必要とされていないし。

死んだほうがましだ。と思うこともあった。

 

だが入院してから、死ぬくらいなら、本当の限界まで、生きてみようと思ったことである。

薬で太ったり、眠くなったりはするものの、工夫でなんとか、働きたいと思った。

なぜ死にたくならなかった理由はと聞かれると、死ぬと生きたことすら分からなくなると思ったからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL