20歳で経験した鬱病

僕が二十歳の頃のお話をさせていただきます。

子どもが大好きで子ども関係の大学に3年間行っていました。

幼い頃からテニス、水泳や野球、サッカー、柔道など

沢山のスポーツをやってきて

専門学校時代にも幼い頃からやってきたソフトテニスと水泳を続けてやっていました。

専門学校生活も場所が変わったぐらいで特に高校生活とさほど変わりませんでした。

 

卒業してから晴れて幼稚園で働くことになりました。

しかし朝4時に起きて車で30分の距離にある駅に行き

そしてそこから電車に1時間半ほどユラユラ揺られて最寄りの駅へ

そしてそこから歩いて15分の距離を毎日通勤していました。

 

3ヵ月が過ぎたころ体が急に動かなくなってしまい休みを取らざるを得ない状況になってしましました。

1年目ということもあり先輩、こども、保護者の方からのプレッシャーが強すぎて

体を壊してしまったんだなと思い軽く見ていました。

 

翌日人生の中で体験したことないような体のだるさが襲ってきました。

頭の中が真っ白になってパニック状態になったのを覚えています。

 

この日も休みをもらい再度病院に行きました。

「鬱」と診断されたときとてもショックな気持ちと同時に

この先自分はどうなってしますのかなという不安が襲ってきました。

 

薬を先生からもらって家に戻りました。

まずは今行っている幼稚園に電話をして理事長と相談をしました。

継続することは自分自身でも不可能だと思ったので退職させて頂きました。

せっかく両親にお金を出してもらって専門学校まで進学させてもらったのに

この早い時期に退職をすることになったので申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

大変なのはこれからでした。

自宅から出ることも部屋から出ることもできない状態が続き

周りから心配されるがメールも返信する気持ちになれずすべて断ち切っていました。

でなければならないメールを返さなければならないという気持ちはあるのですが本当に動けないのです。

 

いまは大体症状は改善してもう一度働けるようになってきています。

僕自身の経験上でしか言えないですがうつ病は本当に自分との勝負だなと感じています。

薬で改善するのも良いと思いますが

僕はできるだけ幼馴染など身近な友達とあってたわいもないようなお話をするのが一番かなと思います。

本当に仲間は「万能薬」だと思います。

 

この文章を読んでくださった方が一人でも楽になっていただけたら幸いです。

あと一つだけ伝えたいことがあります。

仮にうつ病になったとしても必ず治ります。

諦めずに頑張ってください。応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL