五月病はうつ病か?

毎年、五月になると五月病の人が急増します。

 

五月病とは、四月に新しく入った学生や社員などが、

五月頃にガクンと落ち込んでしまう神経症的な状態のことです。
受験戦争を勝ち抜いて難関大学に入学した大学生や、

競争率の激しい就職試験を突破して入社したサラリーマンが、

GW休暇を過ぎたあたりから意欲がなくなっていきます。

 

一生懸命、努力して受験勉強や就職活動をして、やっと目的の場所にたどり着けた途端、

虚脱感と、「どこか理想と違う」という失望で気分が落ち込んでしまうのでしょう。

 

こうした症状のことを、別名「アパシーシンドローム」と呼ぶこともあります。

 

他にも、社会に出てから初めて困難や挫折のショックを受けて辞職してしまう人のことを、

夢の世界に生きる「ピーターパン症候群」と呼ばれる人達もいます。

 

でも、よく考えてみると、「四月に入学・入社して五月にはガックリ」というのは、

ずいぶん早いようにも感じられます。

 

このように急激に反応が起こるケースは、うつ病の場合、

失恋や、人間関係の激しいトラブル、事故や災害などが考えられます。

 

普通は、「会社に入社してみたけれど、描いていたイメージと違う」

ということぐらいでは、これほど急激な反応は起きないと思います。

 

入社・入学後1ヶ月程度で五月病からうつ病になるのではなく、

新生活がスタートする1年、2年くらい前から、少しずつ心に負担を掛け続けていて、

この時期に、症状が爆発するのかもしれません。

 

そう考えてみると、入社3年あたりで辞める、早期離職者が若い世代で多いのも理解できる話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL