うつ病とスポーツの関連性

うつ病は心の病気というよりも、

脳の伝達物質の異常によって起こる病気であって、

体も心も疲れ果てるのがこの病気の症状です。

 

患者が寂しい・気分がしずむ・気がめいるなどの訴え、

深い悲しみに包まれている状態を感情障がい又は抑うつといいます。

 

傾向として声は小さく単調で、目の輝きはなくなり表情も乏しくなり、

気分が一日の間で変動が起こり、朝が最もうつ病の状態が強く、

夕方になるとよくなります。

 

抑うつ状態の原因としてセロトニン不足だと言われています。

改善方法として新鮮な空気を取り込んでから、

鼻で大きく息を吸って口から吐く無意識で当たり前のようにおこなう呼吸を整えることや、

首を回す運動またはウォーキングといったスポーツをおこなったりします。

 

運動やスポーツに関しては継続する事で効果を見出すのが一般的ですが、

うつ病の場合はそれが最優先事項では無く、

何かをしたいという意思を持ち続けるのが重要です。

 

うつ病は何もしなくても三ヶ月もすれば自然治癒する事例も多いと言われています。

しかし少しでも早く元気を取り戻るならスポーツといった運動を行なったり、

体全体のストレッチをお勧めします。

軽い汗をかく程度のストレッチをすることによって

心も活発になり体全体の血流を良くなるから気分が明るくなってきます。

 

ストレッチやウォーキングだけでなくヨガや座禅で用いる腹式呼吸、

ガムを噛む動作などのリズム運動が

うつ状態の原因であったセロトニン不足が解消されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL