うつ病に効く絶食療法

うつ病の治療には、

薬物療法やカウンセリング、

また十分な休養が必要となりますが、

近年注目を集めているうつ病の治療法に

絶食療法というものがあります。

 

これは、医師や専門家の監修の下で、

正しい方法で絶食を行うことにより

その効果を発揮するということがわかっています。

 

絶食療法は、元々はダイエットや糖尿病、

また内臓系の疾患の改善のために行われていました。

しかし、実施する内にうつ病や心身症、

不安障害を含む精神疾患に効果があることが判明してきました。

 

断食療法がうつ病に効くメカニズムとしては、

以下のようなことが考えられています。

 

体内に栄養分を摂取しないことで、

初めは心身ともに強い負荷が発生します。

それにより、神経系や内分泌系、免疫機能の

全ての働きがリセットされて再調整されるため、

体はもちろんのこと心の健康も取り戻すことができるのです。

 

また、絶食という極限状態を経験することで

脳の状態がクリアとなり余計な雑念を排除して

自分を冷静に見つめることができるようになります。

これにより、自分の内面に関して様々な発見を得ることができ、

結果として精神状態が安定することになるのです。

 

また、苦しい断食を終えると、自分に自信を持つことができるようになります。

自分を認めることで、その対極の状態である

うつ病から抜け出すことができるのです。

 

ただし、絶食療法は個人で行うにはとても危険なものであるため、

医療機関や専門の道場等で安全を保証された上で

正しく取り組むことが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL