うつ病の予防にワインが効果的

生活をしていくうえで様々なストレスがかかってしまうので、

その結果うつ病になってしまう人は多いです。

そうなってしまうと集中力が落ちるので、

仕事などに悪影響が出てしまいます。

 

仕事に悪影響が出るだけでなく、今まで楽しく感じていたようなことにも興味がなくなり、

人生を楽しめなくなり、毎日憂うつな気分で過ごすことになります。

それなのでうつ病になってしまわないように、予防をすることが重要です。

 

予防方法といってもどうすれば良いか分からない人が多いですが、

良い方法があります。

それがアルコールを摂取することです。

 

アルコールというと、身体に良くないイメージを持っている人も多いですが、

適量だと良い効果があります。

そのことはある調査結果によって明らかにされています。

 

1週間でワインを2杯から7杯飲んでいた人たちは、

ワインを全く飲んでいなかった人と比較すると、

うつ病になるリスクが3分の1も低かったのです。

 

少量のアルコールを摂取するのは、冠動脈性心疾患予防になりますが、

うつ病とも発症のメカニズムが一部同じということです。

 

他にもワインを飲む人は友人や家族と一緒に飲む人が多く、

そういった人とのつながりもうつ病になるリスクを下げていることもあります。

しかしあくまでも適量で効果があるので、飲む過ぎには要注意です。

良い効果があるからといって、飲みすぎてしまうと、

他の病気を引き起こしてしまうことにもつながってしまい、逆効果になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL