うつ病の再発率

うつ病は、正しい薬物療法で、75%の人が後遺症を残さずに改善し、

心理療法と併用することで、90%が改善すると言われています。

 

また、うつ病の症状は1年以上持続することはは珍しく、

その85%は、特別な治療をしなくても2年以内に自然に改善し、

うつ病の症状が慢性化する難治性のうつ病は全体の約10%といわれています。

 

しかし、それでも、いつまでもうつ病が治らなくて悩んでいる人がいるのも事実です。

この理由は、うつ病の再発率が高く症状が回復し、うつ病が治ったと実感する前に、

つい頑張りすぎて症状の再発が起こっているためです。

 

うつ病などの気分障害は、10年間に平均4回再発すると言われています。

 

初めてうつ病を経験した人が、改善してから、うつ病を再発するのは、約半数の50%です。

2回目のうつ病の回復後の再発率は75%です。

3回目以上の場合では、回復後の再発率は、なんと90%にもなります。

 

うつ病を2回以上経験した人が、今後の人生において、再発しないで過ごすということは、

一生、風邪をひかないというのと同じくらい難しいことなのです。

 

しかし、再発予防のための知識を身につけていれば、

自分の再発リスクを抑えることは可能になります。

 

そのためには、うつ病の症状が改善したからといって、

早急に薬の服薬を止めることなく、自覚症状はなくても、しばらくの期間、

抗うつ薬の服用を続けることが大切になります。

 

約半年間は、抗うつ薬の服用を続けた方が再発を予防できるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL