十分な休養をとる

うつ病の治療には「休養」と「薬物療法

が欠かせません。

 

休むことに抵抗を感じるという患者さんもいますが、

休養が治療になる」と考え、身体と心を十分に休めて、

心のエネルギーを取り戻しましょう。

 

休むことは怠けることではなく、大切な治療の一つなのです。

 

「何もしない」ことをできるだけ徹底し、心と身体を休めることが第一の治療となります。

 

 

休むことの重要性

仕事を持っている人なら休業する必要がありますが、

うつ病の人の多くは、「自分が休むと仕事に支障を来す」

「休むと同僚に迷惑をかける」、「休むと自分の将来が台無しになってしまう」

などと考えてしまいます。

 

そのため、休むことに罪悪感が伴い、なかなか十分な休養をとることができません。

その結果、気持ちが休まらないことがあります。

 

休養をとるためには、うつ病の特徴をよく知り、

治療には休養が必要だということを理解する必要があります。

 

今は、休むことが自分の仕事と考えてみてください。

 

 

「この機会に・・・」

うつ病になる人には真面目な人が多く、そもそも有給休暇を取得したこともないという人がいます。

休むことに慣れていないため、何もしないでいることができないという人もいます。

 

休養するために会社を休んでいるのに、

「せっかくだからこの機会に普段は手が回らない事をやろう」、

などと考えてしまうのです。

 

これでは休養になりませんし、症状を悪化させてしまうことにつながります

抑うつ症状の強い時期には徹底して何もしないことが基本です。

 

また、カラオケや旅行といった気晴らし、気分転換は、休むことにはなりません。

本当にうつ病なら、「楽しむ」という心の余裕などないはずですから、疲れが溜まるだけです。

 

うつ病の休養の場合は、とにかく何もせず、ベッドに横になって目をつぶるのが一番効果的なのです。

できれば、音楽や読書も止めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL