うつ病を改善する食事

うつ病を治すために、

うつ病にならないためには

何を食べればいいのでしょうか。

 

うつ病で夜よく眠れない

そんな状況を改善してくれる食事があります。

 

 

 

セロリ

頭痛や興奮、イライラを鎮める

セロリは自律神経をつかさどる肝臓の働きを高める効果があります。

体の余分な熱を冷まして、イライラや頭痛、めまいを鎮める働きがあり、

興奮して眠れないときなどに有効です。

また、便秘を解消したり、水分代謝をスムーズにする働きもあります。

ただし、身体を冷やす作用があるので、

冷え性や下痢の人はとりすぎに注意しましょう。

 

しそ

体を温めて気をめぐらせる

しそは、発汗を促して血液循環をよくし、

体を温める効果があります。

腸の働きを整えて、イライラや不安感などを鎮める働きがあります。

精神が高ぶってよく眠れないときは、

しその葉を焼酎と氷砂糖に浸けた、しそ酒を飲むと効果的です。

就寝前に、お湯で割ったものをさかずき一杯程度飲むとよいでしょう。

 

なつめ

胃腸を強化し、精神を安定させる

なつめは肺の働きをよくして胃腸を丈夫にし、元気を補う働きがあります。

消化機能を高めてしっかり栄養分を吸収させるほか、

血液を補って精神を安定させる作用があります。

もともと胃腸が弱い人や神経質な人、貧血気味の人んも効果的です。

倦怠感や疲労回復に役立ち、興奮やイライラを 鎮めて不眠を改善する効果があります。

 

蓮の実

精神不安や緊張、動悸のある不眠に

蓮の実は精神を安定させる作用があります。

不安感や動悸、緊張やイライラで高ぶっている精神を落ち着かせ、

不眠を解消する効果があります。

また胃腸の働きをよくし、五臓のバランスを整えてくれます。

滋養強壮や疲労回復効果にもすぐれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL