貧血だけでなくうつ症状にも有効なフェリチン

うつ症状は健康な人でも

環境の変化でも引き起こるものですが、

精神疾患でうつ病と診断される場合もあるものです。

 

アルコールや鎮静剤、麻酔薬などは慎重にして、

コーヒーの取りすぎなどカフェイン類も同様に

常飲する事で悪化するケースもありますから注意が必要になります。

 

貧血症状には鉄分補給と言われるほど、

特に女性は鉄分不足に陥る状況もあるため

意識的に摂取するのが大切です。

 

鉄分不足では睡眠障害や息切れがしたり、

疲れやすくめまいや苛立ちやすいなどの症状が出る場合も多く

鉄分及びフェリチン不足にならないよに心がけたいものです。

 

フェリチンは肝臓にある貯蔵鉄ですが、

鉄分の維持や貯蓄を担当しています。

貧血で必要とされるヘモグロビンの補佐的な役目を果たします。

 

貧血は血液が薄くなって血液中の血色素や

ヘモグロビンが不足した状態です。

ヘモグロビンが不足すれば直ぐさま

貯蔵鉄フェリチンが分解されて補われているのです。

鉄欠乏性貧血の方は明らかなフェリチン不足と言えるでしょう。

 

栄養バランスを考えた規則正しい生活や食事は、

うつや貧血も予防する事が出来るとも言えます。

普段から食事面で鉄分豊富な食材を意識的に摂取する事です。

 

鉄分を多く含む代表的な食べ物は、

レバーや赤身の魚やカキなどの貝類や緑黄色野菜、海藻類です。

また、鉄分の吸収を助けるビタミンCを含む食品を同時に補うと効率良く鉄分が補えます。

うつ傾向の方は、うつ病を促進するような薬に頼らない事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL