うつ病の診断基準DSM

うつ病の診断は非常に難しいものです。

本人に病識がない場合や、家族が病気であることを

否定したがる場合もあります。

 

そのため、客観的にうつ病か否かを判断する診断基準の一つとして、

DSMがあります。

 

現在、日本で多く用いられているDSMは第四版の「DSM-IV」です。

うつ病にみられる症状を多数あげて、それらに当てはまる症状が

いくつあるかによって診断基準とします。

 

これらの症状はとても細かく分析されているため、

問診でじっくり患者の過去や生活状況を聞かなくても

すぐに診断ができるようになっています。

 

このような診断方法のメリットは、どんな医師でもほぼ一定の診断を下すことができることです。

そのため、すぐに治療にとりかかることができ、これ以上の悪化を防ぐよう対処することができます。

 

ではもし、うつ病と診断された場合はどうしたらいいのでしょうか。

まずは、十分な休養を取ることが重要です。

そして、自分の病気は治る病気であり、社会復帰も可能であることを理解しましょう。

 

症状が改善されるまでは大きな決断をすることは避けましょう。

また、必要に応じて薬物療法や精神療法を受けましょう。

 

薬物療法はうつ症状の原因となる脳内伝達物質の分泌を調整し、

安定した睡眠を取れるように働きかけます。

そして精神療法はうつ症状のきっかけとなった認知の歪みを修正し、

患者自身が問題を解決する糸口を探る認知療法が中心となります。

 

症状改善のためには自己判断で通院を止めることなく、継続して治療にあたることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL