セロトニンは脳のガソリン

ストレスで弱った脳の回復には、

セロトニンが必要となります。

 

しかし、現在の医療では、

セロトニンを直接補充することはできませんので、

薬でセロトニンの働きを効率的にしつつ、徐々に溜まるのを待つ必要があります。

 

セロトニンを理解するには、セロトニンをガソリンに

脳を車に例えると分かりやすくなります。

 

うつ状態とは、車のガソリンが少なくなっている上に、

ガソリンタンクに穴が開いたような状態です。

 

知らない間ににガソリンが少なくなっているのことに気付かない。

こういう時は疲労感が強くなったり、集中力が下がったりしています。

 

多くの人は、少し休むことで、その穴が修復されるとともに、セロトニンも少しずつ溜まっていきます。

 

でも、いわゆるうつ病になりやすい人というのは、疲労感を感じたり集中力が低下すると、

俺は根性が足りない。もっと頑張ろう。」と考え、ガソリンが底をつくまで頑張ってしまうのです。

 

そして、とうとうガソリンが底を付いてしまい、うつ病となります。

セロトニンは車でいえばガソリンのようなものですので、当然、無くなると走ることができなくなります。

再び走り出すには、給油、つまり休養が必要になります。

 

しかし、休養してガソリンが少し溜まったからといって、すぐに走り出してしまうと、

十分にガソリンが補給されていない状態なので、

すぐにガソリンがなくなり、元のうつ病に戻ってしまうのです。

 

うつ病になった時は今まで十二分に頑張ってきたと考え、

今度はガソリンが十分に補給されるまで、しっかりと休養することが必要なのです。

 

仕事を休んでいる間でも、イライラしたり、不安感が強かったりすると、

セロトニンがさらに消費されて、なかなか十分に溜まらないこともあります。

そういう時は抗うつ薬の力を借りたり、「何も考えない」で休養する必要があります。

 

真面目な人にとっては、「何も考えない」ということ自体が難しいのですが・・・

 

ちなみに、セロトニンは通常、常に新しく生産されているものですが、

年齢とともに、徐々に生産量は落ちてくると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL