共感するセロトニンの力

うつ病は、継続的なストレスなどが原因で、セロトニン やノルアドレナリンなどの

脳内神経伝達物質に異常を来し、頭が動かない、体がだるい、やる気が起きない、

何をやっても楽しくないという感覚に襲われる・・・といった症状が起きます。

 

セロトニンは、脳の中で、感情の情報をまとめるという、重要な役割をしています。

・ドーパミン(快感、幸福感)

・ノルアドレナリン(意欲、ストレスに対処)

・ガンマアミノ酪酸(不安、恐怖を押さえる)

こうした情報をコントロールしてまとめるのが

セロトニン(落ち着き、安定、感情レベルの決定)の働きなのです。

 

つまり、セロトニンは、興奮や不快感などの気持ちの高ぶりを鎮め、

精神の安定を作り出してくれる、いわば癒しのホルモンということ。

 

人間の幸福には、様々な側面があります。

まずは住む場所があって、そこでご飯を食べ、

寝ることができて安心するという、ノルアドレナリン的幸福があります。

危険や不安がないということは、とても幸せなことです。

 

これが得られないと、人間は大変おびえ、攻撃的にもなります。

 

次にドーパミン的な社会的成功を得る幸福。

しかし挫折すれば気分はどん底です。

 

でも、幸福感とはそれだけではありません。

身近な人と食卓を囲んで楽しく話したり、自然や季節の移ろいに目をとめたり、

人のために手助けして感謝されたりといった、他者との愛情や共感に価値を置く幸福があります。

人間は、他者との交流や共感で幸せを感じることができるのです。

 

この共感にかかわるのがセロトニン神経なのです。

 

健康な脳に、共感や愛情は必須です。

共感や愛情がなければ、人間は健康ではいられません。

現代人は効率ばかりを求め、仲間との共感・信頼というものを捨ててしまっています。

この感情がなくなれば、人がうつ病になるのも納得ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL