うつ病の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

・ とにかく、うつがひどくて毎日が辛い
夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない
・毎日不安に押しつぶされそうになる
・病院で出された薬を飲んでいるが一向によくならない
・再発を何度も繰り返している
・もうこのまま治らないのでは・・と不安になる


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

私もうつ病の時は、上記のような状態でした。

毎日がストレスの連続で、会社に行くのが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

心療内科にも通っていましたが、薬を処方してもらうだけで、一向に改善する様子もなく、

うつ病の辛さを「誰にもわかってもらえない・・・」という気持ちが強く、

会社と家の往復の人生に疲れ果て、「何のために生きているんだろう・・・」

と考え始めた時に出会ったのが、プチ認知療法でした。

 

うつ病は現在では大変ポピュラーな病気です。

以前、私も仕事が忙しくて疲れが相当たまっていた時期があり、

自分はうつ病のではないかと日々思っていたことがあります。

 

朝、中々起きることが出来ず、一日が始まるのが

億劫に感じられるという状態だったのです。

言いようもない不安感が付きまとい、自分はダメだ、

という自信の無さと焦りが常に心を支配していました。

 

心療内科の専門家の診察も受けてはいましたが、

こうしたうつ病では抗うつ薬などの薬剤を使用します。

依存性は少ないとは言われるものの、やはり心配が心をよぎり、一人悩んでいたのです。

 

そんな時、友人からプチ認知療法のことを聞きました。

カウンセリングの専門家によって開発されたDVD式の実践法ということで、

半信半疑ながら早速購入し、試してみたのです。

 DVDでは、製作者自身の体験、疲れが心に与える影響など示され、

うつ病という病気についてまずは認識していきます。

その後元気を取り戻すための具体的な方法がアドバイスされ、

呼吸法や首のリラックス方法などで、体から精神を整える重要性が示されています。

 

うつ病は前向きになろうとすればするほど、精神的に追い詰められて

症状が悪化する傾向がありますが、このプチ認知療法では

そうした無理な考え方の修正を求めずに、自分をまずは癒して

心や体にパワーを充電させてくれます。

 

事実、私も毎日少しずつ眺め、紹介されている方法を軽い気持ちで実践しただけで、

驚くほど心が落ち着き、少しずつ元気が湧いてくるのを感じたのです。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出するために、是非一度トライしてみることをお勧めします。

今、うつ病の治療の中で注目されているのが認知療法です。

 

「認知療法」という言葉を耳にすると、

まず精神分析などを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

しかし、精神分析は、認知療法のごく一部にすぎません。

 

認知療法とは、簡単に言うと「今現在のものの見方や考え方を変えていく」というもの。

 

うつ病になると、物事を何でも悲観的にとらえてしまう傾向にありますので、

そのためにさらに落ち込んで、うつ病が悪化し、いっそう悲観的になるという悪循環に陥っています。

心に悪い考え方ばかりしていては、うつ病にかかりやすくなり、

またかかった後も治りにくくなるのは簡単に想像が付くと思います。

 

この何でも悲観的にとらえてしまい、自分に対して否定的になったり、

将来のことが絶望的なことしか考えられなくなるといった「認知のゆがみ」を修正するのが認知療法です

 

認知療法には薬を使わないという非常に大きなメリットもあるのが特徴です。

 

認知療法を具体的に説明すると、

「物事に0か100かといった極端な白黒をつけようとしない」

「自分の良い点を過小評価し、悪い点は過大評価している」

といった何気なく自動反応している自分の認知に気付き、

それらを少しずつ改善していこうとするものです。

 

つまり、行動を活性化することと、考え方を見つめ直すことです。

 

ただし、これらは非常に根気のいる作業です。

なぜならば、長年にわたって染み付いた自分自身の感じ方や

認知の仕方をそう簡単には変えられるものではないからです。

それを無理やりしようとしても身体が自然に拒否反応を示すことだってありえます。

 

楽しいこと・やりがいのあることを少しづつでもはじめると、気持ちが晴れてきます。

そうしながら、考え方・受け取り方をコントロールする練習をするのです。

 

うつ病になった状況を客観的に分析し、その時の気分を知り、

その状況によって、その気分になったのはなぜなのかを考えていきます。

うつ病になる人は、その時の考えがネガティブであることが多いものです。

 

短所は長所でもあります。考え方を変えることで、ポジティブな気持ちになり、

自分に自信を持つことにつながり、うつ病が解消していくこともあるでしょう。


認知行動療法について詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL