処方薬との相性

うつ病の人間にとって、医者との相性も大切ですが、

薬との相性も非常に大事な要素です。

 

薬が、合う、合わない、効く、効かないというは、

当然ながら個人差があります。

 

僕も通院当初、医者に処方してもらった抗うつ薬を飲んでも、

「抑うつ感はぬぐえないし、不安が一向に改善されない」ということがありました。

自分に合う抗うつ薬に出会うまでに、3種類程度の抗うつ薬を試した覚えがあります。

 

最近では比較的効き目が早くあらわれる抗うつ薬が開発されてきましたが、

それでも、抗うつ薬の効果が数日であらわれることは少なく、

2週間程度かかって少しずつあらわれてくるのが一般的です。

 

効果がみられないからといって、「量が足りないのでは」と勝手な判断で多めに飲むと、

どうにかその日1日は順調になったとしても、翌日なんだか頭が重く、

かえって不快な感情が増すということもありえます。

 

数日間服用してみて、効き目がないからといって、

すぐに別の病院に行ってしまっては、どんな薬も効果を得ることはできません。

 

「抗うつ薬なんて全然効き目が無い」と考える前に、自分と処方薬との相性を疑い、

もし、処方された薬を飲んで、気分が悪くなったり頭が痛くなったりという

自覚症状があった場合、すぐに医師にその旨を訴え、違う薬を処方してもらうようにしましょう。

薬に関しては、とにかくどんな些細なことでも医者に報告するのが一番です。

 

 

薬の副作用について

「精神の薬」というと、「副作用が恐い」だとか、「依存することになるんじゃないの?」

などと、偏見の目で見る人が少なからず、います。

 

抗うつ薬を飲み始めた人でも、「薬は危険だから早く止めたい」と思っている人や、

「薬が依存になる前に早く手を切りたい」と思っている人がいます。

 

たしかに、抗うつ薬に副作用はつきものだということも事実。

副作用が出てから、抗うつ効果が発揮されることもあります。

 

でも、もちろん個人差はありますが、医師の処方通り正しく服用していれば、

副作用は、起こったとしても、大したことはありません。

 

それに、もっと身近な風邪薬や咳止め、胃薬だって、

乱用すれば副作用が出る可能性は否定できません。

 

薬が身体に作用するものである以上、副作用は避けられないものです。

症状の改善といった都合のいい部分だけ、薬が身体に作用するのはどうしても難しいのでしょう。

それにも関わらず、高血圧の薬などは普通に飲み続けていても、

なぜか精神科の薬だけ、「飲んでいる内は一人前ではない」

と考えている人が大勢いるのです。

 

風邪薬も抗不安薬も、抗うつ薬も、用法・用量を守ればなんの問題もないということ。

「精神病の治療薬」に対して敏感になりすぎるあまりに、

それを服用すれば得られる「安息状態」を遠ざけているとすれば、

それはかなりもったいないと思いませんか?

 

さらに、「頭痛や朝早くに目が覚めるという症状が薬による副作用かと思っていたら、

それ自体がうつ病の症状だった」、ということもありえます。

 

なんでもかんでも薬を疑うのではなく、不安な点がある時は医師に相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL