心療内科にかかる費用

うつ病になった人は心療内科を受診することになりますが、

病院というのは不親切なもので、

支払の段階まで診療の値段を教えてくれません。

だから、いつも病院に行く度にヒヤヒヤします。

 

うつ病の人に、そんな余計なストレスを溜めさせないためにも、

ここで心療内科でかかる大まかな費用を紹介します。

 

心療内科の初診時は、約30分~40分ほどの診察、

抗不安薬や抗うつ薬、睡眠薬などをそれぞれ2週間分処方され、

健康保険が適用されて、 費用は3000円弱です。

 

それに診断書を書いてもらう場合は、+2000~3000円がかかります。


※ちなみに健康保険診療の定義で初診は30分以上行わなければならないと決まっています。

 

2回目以降は、病状の変化や、薬の副作用等はないかを報告し、15分~30分程で診察終了。

 

初回と同じ分だけ薬を処方され、費用は2千円弱ぐらい。

もちろん処方される薬等によって当然かかる金額も変わってきますが、

保険が利いた薬はそれほど高くはありません。

 

お医者さんに頼んでもらえるようであれば、

多めにもらっても費用的な心配はいらないでしょう。

 

だいたい2週間に1回というのが、平均的な通院ペースになります。

 

病院通いになるとお金がかかると思う方も多いかと思いますが、

15分以上も話を聞いてくれる上に薬を処方してくれる

心療内科の費用はそれほど高くはないと、個人的には思います。

専門のカウンセリングを受けた方がよほど高額な料金を取られるでしょう。

 

それでも、何度も通院するようであれば、お金がかかるのも事実ではあります。

金銭的に負担が大きい人の為に、

うつ病では、自立支援医療制度という制度が使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL