精神科と心療内科

うつ病は精神病なので、精神科に行くのが、一般的ですが、

「精神科」と聞くと、まだまだ偏見を持っている人もいます。

 

精神科に似た治療をしてくれる診療科に、

心療内科というものもあります。

 

精神科と心療内科。

ハッキリいって違いがわからない。

どちらを受診すればいいのかわからない。

と混乱している人も多いのではないでしょうか。

 

どちらかというと精神科よりは心療内科の方がマイルドな響きを持っているから、

「とりあえず心療内科を受診しよう」と考える人もいるかもしれません。

 

この2つの違いを以下で説明します。

 

 

精神科

神経科、精神科、神経精神科、精神神経科と

様々な名称がありますが、これらは全て同じ診療内容と考えていいでしょう。

 

精神科は心の問題を扱います。

うつ病、統合失調症、アルコール依存症、パーソナリティ障害といった

様々な心の問題に大して、経験を積んだ医師が治療にあたる科です。

 

最近では、メンタルクリニックや、ストレス外来といった横文字を使用している所もあります。

 

 

心療内科

心療内科は、もともと内科の医師が、心の病を治療するようになった科です。

 

心療内科の根本には、

心と身体は必ずしも分離できないのではないか

という考えがあります。

 

例えば、試験が近づいてストレスが加わってくると、

胃が痛くなってきたり、下痢が止まらない、合によっては頭痛がする、吐く。

あるいは女性では悩み事があってうつ状態になると、生理が止まってしまう。

うつ病ではこうした身体にも変調をおこすことがあります。

 

また、気温や湿度、気圧などの変化があるとうつ状態になるというケースもあります。

 

このように、心に何か原因があっておこる身体的な病状(心身症)

を診る科目として、心療内科があります。

 

心療内科は「心の病気」自体を治してくれる所ではありません。

心療内科だけを標榜する場合や、内科を併記している病院は、

精神病は、専門とはしていないということになります。

 

 

ちなみに、神経内科は

名称に神経とついているので、心の病気を対症にしているようで紛らわしいですが、

脊髄、脳神経、末梢神経などの神経系そのものを治療する場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL