自立支援医療制度

うつ病の人は、定期的に心療内科や

精神科へ通うことになりますが、

診療代+薬代などがかさむと、お金がかかります。

 

特に仕事ができない人は、

その負担はかなり大きいものです。

 

さらに、精神科の治療は長い期間かかります。

それに比例して、医療費負担も大きくなります。

それが原因で、治療を止めてしまう人もいるほどです。

継続して正しい治療を受けるためは、金銭的負担の軽減も重要になってきます。

 

そこで精神保健福祉法で、うつ病などの精神疾患と診断された場合は、

その程度の重さに関わらず、医療費の負担を軽くすることができる、

自立支援医療制度というものがあります。

僕もこれを利用しています。

 

 

自立支援医療制度とは?

自立支援制度の対象は、

うつ病などの精神疾患の治療のために継続的に通院している人です。

 

通常、健康保険を使って支払うと3割負担になりますが、

自立支援医療制度が適用されると、原則として1割負担になります。

 

さらに、世帯の所得や疾病によって月額負担の上限額が設定されます。

(最大で月額負担2万円)

うつ病以外の治療や、健康保険が適用されない治療、入院医療は対象外となります。

 

有効期間は1年間です。

有効期限が切れる3ヶ月前から更新のための申請ができます。

 

 

適用開始までの期間

申請から適用開始まで大体1ヶ月程度かかります。

精神科の受診を始めてからの期間の制限はありません。

 

自立支援を利用するには、治療を行っている病院で主治医に相談してください。

申請用紙が渡された場合は、病院と薬局の名称と連絡先を記載します。

通院時は毎回、自立支援受給者証明書を窓口に提示してください。

 

注意点としては、自立支援 を使用する病院と薬局は1つに限られます。

申請する前に、今後もその病院を使い続けるかを検討しましょう。

 

僕も、病院との相性を見極めるために、半年ほど通院してから、

十分に先生を信頼した後で、自立支援医療制度を申請しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL