通院医療費公費負担制度を受ける

近年急増している心の病として知られている

うつ病と言う病気ですが、

その治療費と薬剤投与費やカウンセリングと言う

患者と臨床心理士などの心理職との面接などを受けることを

主治医から勧められるまたは、患者が受けたいと希望を出した場合には

医療機関や大学付属の相談室などで受けることができます。

 

しかし、カウンセリングと言うものは大学付属の相談室などで受ける場合は

健康保険が適用されないために全て自費負担となります。

自己負担となる額はとても高額であり、

一度のカウンセリングで安くても3000円ほどかかることもあります。

 

特にうつ病と言う病気は、状態が良い時期と悪い時期が極端ですので、

その時々の精神状態や身体的な調子も考慮して面接の頻度は変わってきます。

 

大学付属の相談室の場合は健康保険が適用されないためにかなり高いですが、

病院内で行われるカウンセリングであると大抵の場合は健康保険が適用されるために

1000円強で済むことが多いと言われています。

しかし、それでも通常の診察だけの場合である時と比べて医療費はかさんでしまいます。

 

そこで、うつ病と言う病気は重度によって変わりますが、

精神障害者の手帳の交付を受けることができます。

そのことによって通院医療費公費負担制度と言う制度があるために

所得などが関係してきますが、市役所や保健所などに申請をすれば

多くの場合は公費補助を受けることが出来ます。

そのことによって、医療費やカウンセリング費用が少し安くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL